皇學館大學神道博物館展示(むべ・案古式・忌串桃幣)


最高峰の伯家神道を継承し初傳指導者養成を目指す貴重な講習会!

伝統文化の継承に努めます

「神祇伯家神道斎修会」 初伝指導者講習を開催致します。神道神祇本廰主催の講習会です。

第1回 神祇伯御法 (伯家神道) 斎修会   »  定員となりました

↑ 印刷用 PDF(2枚)
お知らせ&FAX申し込み
必ずご確認ください

神祇伯御法 (伯家神道) 斎修会講習開催のお知らせです。
(主催:神道神祇本廰) 

神祇伯最後の伝法宗家・白川資長子爵は神社本庁参与を最後に昭和34年に神去られました。私共、神道神祇本廰では、其の御神徳をお伝えすべく「伯家神道斎修会」 初伝講習を開催致します。

花山天皇は神祇祭祀の大命を皇孫延臣王に降し賜い、万寿2年、大命を拝して臣籍降下。以後、源朝臣延臣と称し、伯一文字の下賜をもって神祇伯 (かむづかさのかみ) に任じ其の補輔に大中臣氏を加え宮中祭祀に仕えました。後ちに、源資宗が継承するや、これより白川姓を名乗り江戸後期から広く神職門人の育成にも努められました。昭和11年には斯道を皇道斎修会の設立をみました。然し先の大戦の遺禍も甚だしくGHQ神道解体令が解けた時には門人の多くが離散。 今では、坂田、鬼蔵、高浜各家の諸先生方や其の御門中の汗苦により白川様のお伝えが脈々と伝承されてございます。私共は斯界各位をご尊重申し上げ諸派の垣根を越えた交誼こそ失伝復興と信じ、併せて学界各位との共同研究を掲げ努力の日々にございます。また、時として当方こそ正統伯家を強調される方を伺います。然し、いず方も白川様の御門なれば、御前は、この様な同門割拠を決してお喜びにはなりません。本修斎は伯家祭式(神拝式)と行法も併せてお伝え申しあげ、もって神社界や崇敬者各位が共に学びあえる斎修会でございます。ぜひご参加ください。

 

受講対象 : 上級講座修了者以上・神社本庁階位取得者・初学行法体験者・神職・各界有識者
日  時 : 全6回 (12日間)
開始  10:00 ~ 17:00 (9:30集合・白衣着用) 

第1回 :平成 30年 10月7日(日)・8日(月/祝)     
第2回 :平成 30年11月10日(土)・11日(日)
第3回 :平成 30年12月  1日(土)・  2日(日)
第4回(来春):平成 31年1月26日(土)・27 日(日)
第5回(来春):平成 31年2月23日(土)・24 日(日)
第6回(来春):平成 31年3月16日(土)・17 日(日)

会  場 : 高円寺 氷川神社 案内図
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-19
(JR高円寺駅南口より徒歩5分)
参加費 : 1講習(2日間) 40,000円  (全6回  計24万円)
*優待等はありません.*講座日程内での欠席の場合は次回の講習で補充となります
【講師プロフィール】 小松 篤平(こまつ  あつひら)
社家出身の精神心理学者.医学博士.欧州・香港・中国で勤務医を重ね.在留邦人の求めに応じ現地祭式を奉仕.2013年に永久帰国。かって無数の方の旅立ちを見取った経験から、人の生様に役目があることを感得.心身と精神世界を俯瞰し都内にメンタルクリニックを立ち上げる。また実家に眠る白川家関係の古文書解読に努め、幼小にあった社家の再興に努めつつ神道奉仕を開始する。
ご連絡: ※定員になりしだい、締め切りとさせていただきます。
※主催:神道神祇本廰 

※持ち物:白衣一式・笏・草履・岩笛・祓詞・大祓詞・筆記用具
※昼食はご持参ください。
講義中の録音・録画はご遠慮下さい。