雅楽講座

雅楽の源流を探れば千数百年もの年月を遡る伝統的な音楽・舞踊です。宮廷音楽・神社仏閣の儀式音楽として今日まで伝えられてきました。
 6世紀の仏教が伝来した欽明天皇朝(539年~571年)の頃から輸入された外来音楽が、徐々に我が国固有の音楽や舞いと融合し、古代文化の成熟した平安朝に日本的な「雅楽」として形成されました。

 ― 初心者も学べる雅楽 ― 伝統の音色を身近に                    【 申し込みお問い合わせ 】
ただいま
企画中
日  時 : 平成  年  月  日( ) 午後1:00~4:30
  会  場 : 都内神社
  受講費 : ¥4000-  (資料代含む) 
  講  師 : 西浦 興一(十二音会)  ・ 春木 光徳 ・ 長嶋 真一
 講義内容
 
 
 
「笛(龍笛 りゅうてき)」.「篳篥(ひちりき)」.「笙(しょう)」 講義&演奏会
「笛(龍笛)」: 曲の始めに吹奏される横笛で、主旋律を装飾させる役目を持つ
「篳篥」 :竪に吹く笛で、主旋律を吹奏する
「笙」 :17本の竹の管に15本の簧(した)を付け、和音を出して曲の旋律の誘導を担う楽
 注意事項 当研究所の神職養成講座内の公開講座となっておりますので 、神職養成講座の受講生も受講いたします。