入門基礎講座&初級講座

古神道・神道の教養と、祭式の基本作法習得・見直しの講座

募集対象 どなたでも受講できます、経験・年齢制限はございません。

講座の特徴
・ 少人数制ですので細かい指導を心掛けており、講義中の質問も気軽にしていただけます。
・ 神道を通じて日本の伝統文化や精神を学びます。
・ 指導する作法は神社神道の祭式に準じており、実践的な知識と作法の習得を目指します。
・ 都合で欠席されても振替受講が可能です。
・ 祭式行事には岩笛吹奏を執りいれています、「入門基礎講座」受講時に岩笛1個を進呈。

講座の内容
入門基礎講座・初級講座中級講座上級講座特別上級講座の5講座までありますが、 どこまで受講するかは自由に選択していただけます。

次のような方たちが学んでいます!
* 初心者だが古神道・神道に就いて勉強をしたい.有職故実などの知識を得たい
* 清祓や神棚奉斎・地鎮祭・本格的な神道葬祭など、祭式の行事作法を習得したい
* 神社や神道系教団に奉職しているが、基本の行事作法をもう一度復習したい
* 神職養成大学では学べない霊学・神仙道・古史古伝などの基礎的な知識を得たい

★ 「入門基礎講座」 ※入門基礎講座のみの受講も受け付けております。

穿孔した岩笛(糸魚川原石)

どなたでも受講できる、神道の精神(こころ)と作法(かたち)を学ぶ講座です。短期間(2日間)ですが古神道・神道の歴史(概要)及び精神と意義、神事に対する心構えを学びます。祭式行事に必要な基本六動作の作法・玉串奉奠作法のほか、祭器具、ご神饌、紙垂の切り方など、基礎的なことを学習します。
当研究所の祭式行事には岩笛吹奏を執りいれておりますので、岩笛1個を進呈します。
少人数制の良さを活かし、そのときの受講生に併せて一部講義内容を追加することもございます。
「入門基礎講座」では、まだ白衣は着用しません、祭式行事作法 では立つ・座る・歩く・持つ・回転する・お辞儀するの神職の基本作法の演習をしますので、動きやすい服に着替えていただいてかまいません、ご自分の白衣をお持ちでしたらご持参下さい。
【 講義内容 】 祭式行事作法:基本作法(六動作)・玉串奉奠.紙垂作成.岩笛吹奏
神道史Ⅰ.古神道・神道概論Ⅰ.神饌・祭器具解説.
★ 「初級講座」

「入門基礎講座」を修了した方のみが受講できます、日程は2日間です。
初級講座からは白衣を着用します。狩猟採集と原始農耕を営んでいた縄文時代以降、稲作文化伝来以前の信仰である古神道、水田稲作と農耕を中心とし、青銅・鉄器など古代金属文化を背景とした弥生文化を嚆矢とする神道の歴史、外来宗教伝来、神仏習合、国学復興、国家神道の形成、戦後の新教派系・神道系新宗教の成立・宮中三殿についてなど学びます。
祭式行事作法では修祓を中心に、神棚奉斎を習得します。併せて狩衣の着用を体験します。
各自で小麻も作成します。
【 講義内容 】 祭式行事作法:基本作法.修祓.有職装束.岩笛吹奏.
小麻作成・祝詞(奏上法:祓詞・大祓詞)Ⅰ.神道史Ⅱ.古神道・神道概論Ⅱ  ほか

◆ 完全少人数制 ◆ 定員となりしだい受付終了と致します、ご了承下さい

※入門基礎基礎のみの受講も受け付けております。
※講義中の録音・録画はお断りしております、ご了承ください。

【第70期】 【 修了しました
入門基礎基礎 日時: 平成28年10月22日(土)・23日(日) 2日間 10:00(開始)~17:00
受講料 : 岩笛・教材費共 合計 55,000円
※昼食代は含まれていません。お弁当をご持参ください。
初級講座 日時: 平成28年11月12日(土)・13日(日) 2日間 10:00(開始)~17:00
受講料 : 教材費共 合計¥45,000円
※昼食代は含まれていません。お弁当をご持参ください。
会場:都内神社(お問合せの際にお知らせ致します)

《 お知らせ 》

今回の第70期が現在までのような少人数制の最終講座となります。

次回からの神職養成講習は「神道神祇本廰」に移行しますが、開催回数が少なく平日通しての講習となり受講日数も増えて授業内容も変わります。

( にっぽん文明研究所 事務局 )