丸山 久美子 氏 (聖学院大学名誉教授) 講演会   12月14日(木) » お申込みフォーム

NPO法人 「にっぽん文明研究所」 が後援する講演会のお知らせです。 

本年は、マルティン・ルターの宗教改革五百周年となります。この一年、キリスト教界のみならず、各方面でも、その意義が改めて探求されてきました。その中で、ルターの宗教改革の根本概念を日本的精神で説き起こした北森嘉蔵が世界各国語に訳された名著『神の痛みの神学』を出版してから70年が過ぎました。講師は、北森が長年牧師を務めた千歳船橋教会の信徒として薫陶を受け、信仰の師と仰いできました。北森生誕百周年に当たる昨年、彼の神学が、どのように生まれ、受容されていったのかを、その人物像と歴史的背景から説き明かす伝記を著しました。その著書を基に、ルター神学の根本思想と北森の日本の神学の神髄を語っていただきます。

テーマ : 『ルター宗教改革500年によせて 』
日  時 : 平成29年 12月14日(木) 午後1:30開始~4:00(午後1:00開場)
会  場 : アルカディア市ヶ谷(私学会館)
*会場室名は当日案内板でご確認ください。主催は宗教新聞社です。
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25  電話03(3261)9921
JR中央線(各駅停車)、地下鉄有楽町線・南北線、都営地下鉄新宿線 各市ヶ谷駅下車 徒歩2分
入場料 : 1,000円
【講師プロフィール】  丸山 久美子(まるやま くみこ)   東京都出身。青山学院大学大学院心理学修士課程、統計数理研究所統計技員養成所専攻科修了。東京大学大学院教育心理学研究科特別研究生。国際交流基金特別長期派遣留学生として、米国イリノイ大学に留学。青山学院大学文学部助手・講師、盛岡大学助教授、教授、聖学院大学教授、ドイツ・ケルン大学客員教授(1995-96)、北陸学院大学教授などを歴任。林知己夫賞受賞(行動統計学会、2009年)著書に『心理統計学―トポロジーの世界を科学する』(アートアンドブレーン)、『北森嘉蔵伝』(教友社)、ほか多数。
ご連絡: ※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※入場料は当日受付でお支払ください。
主催:宗教新聞社  後援:にっぽん文明研究所  講演会