本居宣長の宮

 宣長が生涯にわたって詠んだ歌は約一万首という。歌文集『鈴屋集』『石上稿』、万葉仮名で書かれた『玉鉾百首』などはよく知られているが、十八歳から和歌の学習を書きまとめ、三十二歳頃まで五冊に書き継いでいる『和歌の浦』もある。また桜をこよなく愛した宣長が、晩年、桜を題材に『桜花三百首』ともいう『枕の山』なども残している。

 メモや日記など多くの記録を残している宣長だが、なかには珍しく起筆時期が不明なものや、ひとの眼に触れさせなかった著書もある。京都遊学中とも帰郷後とも言われて執筆時期の不明なのが『排蘆(あしわけ)小船(おぶね)』。これは宣長の歌論の処女作だが、「歌の本体、政治をたすくるためにもあらず、身を修むる為にもあらず、ただ心に思ふ事をいふより外なし(略)」とある。“ただ心に思ふ事”とは、喜怒哀楽を心から感じるような“物のあはれ”を知ること。そこから歌が生まれる。それは物のあはれ論を基軸とした和歌論から、「石上(いそのかみ)」と古代への憧憬を込め、国学へと想いを馳せる『石上(いそのかみ)私淑言(ささめごと)』へと繋がっていく。

 現在、宣長は、『万葉集』・『二十一代集』の三萬八千首から千八百余の歌をわずか二ヵ月で選んだ『古今選』や、『古今和歌集』の口語訳と注釈書の『古今集遠鏡』などで、和歌の評論家としても評価されている。勿論、知られている歌も幾つかある。神社や教派系、精神修養などの団体などで食事の前に両手を合わせ、食前感謝の詞(ことば)として奉唱が定着した歌はすっかりお馴染みだ。私共の講座でも食前にはこれを唱えている。

 「たなつもの 百々の木草も 天照す 日の大神の 恵み得てこそ」

 (食後の)「朝よひに 物くふごとに 豊受の 神のめぐみを 思へ世の人」(『玉鉾百首』)

 いまでは産地や農法や添加物といった食材に対する興味はあっても、毎日の食そのものへの感謝は忘れられている。神の在(お)わす自然が循環するなかで、生長する作物を収穫できるのも神の恵みであり、毎日の食事が出来るのも神のお働きがあってこそ、というのが宣長の真意だ。宣長は「稲は殊に、(略)萬(よろず)の國にすぐれて美(めでた)き」とわが国の稲が、今に到るまで何処の国よりも優れていると称賛している。そしてそれは「神代より深き所由あること」で、神の恩(みたま)頼(のふゆ)(神秘なお働き)を忘れてはならないことなのだ。この歌を形式的に唱えるのではなく、宣長のこころを理解してもっと世に伝えるのも良いことだと思う。

 また、戦時中の記憶を彷彿とさせる

 敷島の 大和心を 人問はば 朝日に匂ふ 山桜花

は、いまも複雑な想いを抱くひとが多い筈だ。今次大戦末期に、マニラの飛行予科練習生の二十四名から成る神風特別攻撃隊の四部隊の隊名を、この歌から執り、敷島隊、大和隊、朝日隊、山桜隊としたことはあまりにも有名だ。戦前は国威高揚に担ぎ出された観のある宣長だが、それ以前の明治三十七年、日露戦争の最中に、税収の増加を目論んだ国が煙草の完全専売制を敷き、矢張りこの歌にちなみ、同じ敷島、大和、朝日、山桜という商標で官製品の煙草が造られたりもしている。

 この歌は宣長六十一歳のときの作。「大和心とはどうゆうものかと人の訊かれれば、朝日の照り輝く潔く美しい山桜のようだと答えよう」といった解釈が一般的だが、日本人の本当の心とは、朝日に映える山桜の花の美しさを感じる心、ということが歌意なのだろう。

 文芸評論家の小林秀雄氏は、晩年、批評的主題を結集したとされる『本居宣長』を著した。この歌の就いては「山桜が好きな想いが日本人だ」といった程度で、視点はまさに山桜の美しさにある、と言われた。桜好きの宣長が、四十歳を過ぎてからの桜に対する想い入れは相当なもの。老境に近づくにつれ、強く老いていく山桜に、おのれ自身の姿を思い合わせたのだろうか。この歌も素朴に受けとめればそれなりに理解はできるが、独り歩きをして時代に合わせた解釈がされた例だろう。

 余談だが、かつて私もしばらく日本を離れ、帰国して訪れた京都の桜の美しさに思わず瞼を熱くした想い出がある。旧知の清水馨八郎先生は『日本文明の真価』のなかで、桜は長い冬から目覚める開放感、一斉に咲く集団性、一度に散るいさぎよい刹那の美と儚さ、それに艶めかしさ、あでやかさという桜の特性が、日本人の心の繊細さと美意識にマッチすると言われた。

 まったく同感だ。

 宝暦十三年(一七六三)は、三十四歳の宣長にとっては意義ある年だった。師となる真淵との対面。その直前に長男・春庭の誕生。(その後、次男・春村、長女・飛騨、次女・美濃、三女・能登と五人の子供を儲けるが、女子には何故か名前に地名を付けている。)この年には先の『石上私淑言』始め、「源氏物語」を論じた『紫文要領』、『源氏物語年紀考』、六条御息所と光源氏のなれ初めを描いた『手枕』などを執筆している。それから三十年以上も経った寛永八年、六十七歳の宣長は、桑名で会見して講義を行った石見国浜田藩主・松平康定候から強く要望され、『紫文要領』に加筆し、更に手を加え源氏研究の集大成となる名著『源氏物語玉の小櫛』を完成させている。

奥墓に続く山道(山室山)

 この「源氏物語」の根底にあるものこそ“物のあわれ”だと宣長は説く。「此物語は、よの中の物のあはれのかぎりを、書きあつめて、よむ人を、感ぜしめむと作れる物」なのだ。

 それまで、家康から四代の将軍に仕えた林羅山などの儒学者からは、不倫に満ちた源氏物語は晦淫の書と排斥されてきた。熊沢蕃山の好色を戒めた『源氏外伝』然り。これに対し宣長は、源氏に現れる人たちが本来もって生まれる真心、その心をいまに回復させることが大切だと主張した。儒仏はうわべを飾って賢しらに道を説く“漢心(からごころ)”であり、外国由来の倫理観を持ち込んでも意味がないのだ。そして儒仏などの外来思想が伝来する以前の、古代日本民族の精神性のなかに有る、あるがままの清き直き真心が惟神の道であり、この真心に立ち戻れば天下も自ずから安泰と治まり、自然と進むべき道も定まってくる。

 真淵と出会い、その翌年から起稿して三十四年、宣長は不滅の大著『古事記伝』を著す。文献学的観点と実証的視点から見ても、後世への貢献度は大きい。「記伝」としていまに聳える。

 桜を愛で、鈴を好んだ宣長が自ら墓所と選んだ山室山に登ったのは、昨年の晩秋。太い杉の木と石段を登って奥墓に辿り着いたが、そこはひとの気配もなく静寂に包まれていた。世の移ろいがあろうとも、山桜とともに大和心は残るだろう。

(奈良 泰秀  H18年2月)