★ 「入門基礎講座」 ※入門基礎講座のみの受講も受け付けております。

穿孔した岩笛(糸魚川原石)

どなたでも受講できる、神道の精神(こころ)と作法(かたち)を学ぶ講座です。短期間(2日間)ですが古神道・神道の歴史(概要)及び精神と意義、神事に対する心構えを学びます。祭式行事に必要な基本六動作の作法・玉串奉奠作法のほか、祭器具、ご神饌、紙垂の切り方など、基礎的なことを学習します。
当研究所の祭式行事には岩笛吹奏を執りいれておりますので、岩笛1個を進呈します。
少人数制の良さを活かし、そのときの受講生に併せて一部講義内容を追加することもございます。
「入門基礎講座」では、まだ白衣は着用しません、祭式行事作法 では立つ・座る・歩く・持つ・回転する・お辞儀するの神職の基本作法の演習をしますので、動きやすい服に着替えていただいてかまいません、ご自分の白衣をお持ちでしたらご持参下さい。
【 講義内容 】 祭式行事作法:基本作法(六動作)・玉串奉奠.紙垂作成.岩笛吹奏
神道史Ⅰ.古神道・神道概論Ⅰ.神饌・祭器具解説.
★ 「初級講座」

「入門基礎講座」を修了した方のみが受講できます、日程は2日間です。
初級講座からは白衣を着用します。狩猟採集と原始農耕を営んでいた縄文時代以降、稲作文化伝来以前の信仰である古神道、水田稲作と農耕を中心とし、青銅・鉄器など古代金属文化を背景とした弥生文化を嚆矢とする神道の歴史、外来宗教伝来、神仏習合、国学復興、国家神道の形成、戦後の新教派系・神道系新宗教の成立・宮中三殿についてなど学びます。
祭式行事作法では修祓を中心に、神棚奉斎を習得します。併せて狩衣の着用を体験します。
各自で小麻も作成します。
【 講義内容 】 祭式行事作法:基本作法.修祓.有職装束.岩笛吹奏.
小麻作成・祝詞(奏上法:祓詞・大祓詞)Ⅰ.神道史Ⅱ.古神道・神道概論Ⅱ  ほか