代表 著書紹介

代表 奈良 泰秀 & エハン・デラヴィ氏の対談本が出版されました
縄文のパワーフィールドへ
神道よ!今こそ<古来の本物の道>に戻るのだ!
著者:奈良 泰秀、エハン・デラヴィ  
四六判ハードカバー
価格:1700円+税
ISBN:9784864711647
出版社:株式会社ヒカルランド

(内容紹介)
本物のシャーマニズムを日本人が忘れてしまった。明治政府の意向で八百万の神様の役割が統一化されてしまったからだ。ケルト民族末裔の意識研究家エハン・デラヴィが、古神道の真髄を奈良泰秀(にっぽん文明研究所 代表)から聞き出す。宇宙と直接つなが る知恵は、ここ日本の神道にあった。神道の潜在力を思い出し、世界に伝えていこう。神社の大同団結が日本人を活性化させる!

(目次より)
第1章 神社がもっと輝けば、日本はさらに活性化する
第2章 神道の源流は縄文にあり第3章 明治政府が潰した日本のシャーマニズム
第4章 現代の渡来人(外国人参入)が神社を救う!?
第5章 霊能者溝口似郎先生が教えてくれたこと
第6章 ハートを忘れた現代人は、鎮魂帰神を学ぼう第7章 古史古伝、日ユ同祖論、日本人の知らない日本
第8章 神道は日本の優れたシャーマニズム 

地鎮祭ビジネスを創り出したのは、私です!/明治政府の意向で、それぞれの神様のお役目が奪われた!/大祓詞──神道成立の背後にある縄文文化とは異なる稲作文化のルール/幽霊退治ひとつできない現代の形式化された神社神道/昭和天皇は神降ろしを秘かに行っていた!/ヒーリングもチャネリングもできない既成宗教では、現代人にマッチしない/日本の鍼灸学校で西洋医学的アプローチしか教えられなかった不満/広島の霊能者、溝口似郎師が提唱した水子供養は、やがてビジネス化されてしまった/仏教的要素を取り入れた神事は、今でもタブーになっている!/このままでは、ハートを忘れた左脳だけの新世界秩序が完成してしまう!?

大好評!三五館の干支シリーズ 発売中!   

寅歳生まれは、バカ正直な人 だから、あなたはノセられやすい

奈良宮司の数霊判断で今後10年の運気もわかる「虎の巻」!
● 特別公開!寅歳のための「運命数」判断●頼まれると断れない寅
● 1950年「五黄の寅」女性は母虎のように強い人●寅歳のための神社活用法
● 家康も良寛も空海も寅歳だった
● 奈良・総本山信貴山に伝わる「福寅の日」と「三寅詣で」
● 情熱に生き、一途の愛を貫き通した与謝野晶子
● 始皇帝、マルクスからドゴーン、ホーチミン、吉田茂、細木数子、 松田聖子、
  松井秀喜、松浦亜弥まで

四六判並製・208頁 定価(本体1,200円+税) ISBN8-88320-336-0

天皇・靖国・アジアを考える時、
日本人なら自分の意見を持っておきたい。
「神道」を世界に発信する! 2006年7月末出版

陽の国の神道 “神道は日本人だけのものではない”入門

自然を愛し、礼儀を重んじ、外来文化を尊重してきた日本人
その原点は縄文から続く“古神道”の精神だった。
世界を放浪してきた著者が、漂流する日本人のこころに、新たなビジョンを刻む‥

●気がつけば五十代にして神道●異宗教と共に生きる●新時代の祭り●古代と未来を貫く道●自然と神と人が共生する磐座祭祀●日本人と「麻」の文化●古史古伝と近代神道●神事と岩笛●埋没神の復活●伊勢に向う祈りのこころ●元伊勢に魅かれて●もののあわれ●他民族の信仰を破壊した愚考●台湾忠烈祠と靖国神社 ほか

『神社イコール神道ではない。神道は日々の生活の中に息づいている。』
『ときには日本の神々は反省を促すために怒りを示す。だが罰は与えない。神の罰は人がそれぞれやましさや悔悟を知るとき、己が感じるものだ』

四六判・上製・272頁 定価(本体1,500円+税)ISBN4-88320-360-3